テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

フォアのトップスピンショットの打ち方

スポンサードリンク

今回はフォアのトップスピンショットの打ち方を説明します。トップスピンは別名ドライブといいます。むしろ、ドライブのほうが主流です。ですが、解説を分かり易くするためにここではトップスピンと呼びます。

中級者以上になると、フォアで球を打つ時は基本的にトップスピンをかけます。その理由は、トップスピンをかける事によって、スピードのある球を打っても、アウトにならないようにすることができるからです。

通常、ラケットでボールを打つ位置はネットより下で打ちます。球を打ち返すときは、ネットを越えて相手のコートに球を入れなければなりません。なので、ネットより低い位置で打つので、当然斜め上目掛けて球を打つことになります。この時、なんの回転もかけずに強打すると、球はホームランのように遠くに飛んでいってしまい、ネットは越えても相手のコートには入りません。つまり、アウトになるという事です。

そこで、球にトップスピンという球の進行方向に回転をかけることにより、強打してもアウトにならないようにします。トップスピンをかけることにより、ネットを越えた後、地面に落ちようとする力が働きます。この力によって、低くて早い弾道の球を打つことが可能になるのです。

では、具体的にどのようにしてトップスピンのかけるのか説明します。

●トップスピンショットの打ち方

まず、構えですが、基礎練習のところで説明したフォアの構えと同じです。そこで、ラケットの面に球が当たった瞬間にラケットで球を擦るように意識して打ちます。斜め上前方にラケットを振って球を擦る感じです。

球の打ち終わりにラケットを被せるような感じで打つとトップスピンがかかりやすくなります。初めはネットになりがちですが、練習して慣れてくると早くて重いドライブショットが打てるようになります。テニスで一番使うショットなのでしっかりマスターしましょう。

スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ