テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方

スポンサードリンク

スピンサーブは縦の回転をかけるため、バウンドした後、大きく弾むサーブです。さらに右利きのサーバーから見て右に弾ませる場合「キックサーブ」と呼びます。スピンサーブはネットの上を高く超えるのでネットする確率は低く、また、大きく弾む事で「リターン」がしにくいので「セカンドサーブ」として打たれる事が多いです。

ただし習得にはかなりの技術と練習が必要で、スピンサーブが打てたら一人前のように見えるので、初心者の仲間同士では尊敬されます。それほど、難しいサーブですが、上級者となるには登竜門的なサーブなので身につけましょう。

では、具体的なスピンサーブの打ち方を説明します。

●スピンサーブの打ち方

まず、スピンサーブというのはボールに対して縦方向に回転を与えなければなりません。アンダーのフォアでいうとドライブショットと同じです。ボールに対し、ラケットを下から上に振りぬき擦り上げる感じで打つのがドライブです。

頭の上で、これと同じ回転をかけ、サーブとして打つのがスピンサーブです。ですから、頭の上で、下から上へラケットを振りぬかなければなりません。この技術が凄く難しいです。下から上へラケットを振りぬく関係上、トスは通常のオーバーヘッドサーブより手前に上げます。頭のてっぺんからやや後ろぐらいに上げるのがいいでしょう。

すると、ボールの真下から手前にかけてのポイントにラケットの面が当たり易くなります。簡単に説明すると、トスアップ後、体は膝を曲げ、上体を反らし、胸を弓のようにします。この姿勢から、ボールの真後ろ下辺りにインパクトして、膝の伸ばし、胸の戻し、腕の振りで下から上にラケットを振り抜き、腕の内転を使って押し出すのがスピンサーブの打ち方です。ボールを潰しながら上へ振りぬくと打ちやすいです。

理屈では分かってても打てないのがスピンサーブなんで、練習をしてコツを掴んで下さい。

スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ