テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

スマッシュの打ち方

スポンサードリンク

スマッシュとは、相手のコートへラケットを振り下ろしてボールを叩きつける非常に攻撃的なショットの事を言います。ボールを頭よりも高い位置でラケットで捕らえる為、相手からの返球が高い場合にしか使えませんが、スマッシュが正確に打てると、実力にかなりの差がなければ、大抵の場合、相手に返されることはありません。

スマッシュが上手いというだけで、安易にロブなどを打てないので相手にプレッシャーを与えることも出来ます。それほど強力で決定力の高いショットなのでぜひ身につけて下さい。ダンクスマッシュなどの通常のスマッシュを進化させたスマッシュは別ですが、通常のスマッシュは技術的にもそれほど難しくなく、初心者でもある程度の練習で打てるようになります。

それに決定力があるだけでなく、スマッシュが決まるとすごく気持ちがいいし、すごくうまく見えるのでぜひ打てるようにして下さい。

では、具体的なスマッシュの打ち方を説明します。

●スマッシュの打ち方

イメージ的には、サーブと同じ動きになります。ただ、テークバック(ボールを打つための準備)はいりません。サーブを打つ時のように手を上げて、ラケットは肩の位置に背中にかつぐ感じで準備しておきます。高く上がったボールの下に、素早く正確に入ることがポイントになってきます。

上げている手を使って、ボールとの位置、距離をはかると正確な位置を捉えれると思います。ボールの真下ではダメです。打点はサーブの時よりも前でとらえるようにします。ダイレクトに上がった場合でもいいですし、あまりに高く上がった場合は、一度落としてバウンドさせてから打つと打ち易いです。

また、もう一つ重要な事は、ボールを捕らえる高さです。ラケットを手を伸ばして上に上げた時に、ラケットの面でボールを捕らえる高さがベストの高さです。その高さを覚えておき、その高さまでボールが落ちてきた時にスマッシュを打つようにして下さい。高さを見誤ると、なかなか威力のあるスマッシュが打てません。ネットにもなりやすいです。ボールへの位置取り、打点はこんな感じです。

打ち方はオーバーヘッドサーブと同じで体を弓なりにしてその反動でラケットを頭の上から振り抜きます。

スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ