テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

サーブの打ち方(アンダーサーブ)

スポンサードリンク

今回はテニスのアンダーサーブの打ち方について説明します。

アンダーサーブとは文字通り、下から打つサーブの事です。上から打つオーバーヘッドサーブに比べると威力もスピードも劣りますが、オーバーヘッドサーブはかなり難しいので、初心者はまずはサーブを入れることだけを考えて、アンダーサーブの練習をしましょう。

アンダーサーブはオーバーヘッドサーブに比べると安定感がかなり高く、慣れてくると9割以上の確率で入るようになります。

また、アンダーサーブと一言に言っても、回転をかけることで多様な変化を加えることが出来ます。

では、まず一番簡単で基本的なアンダーサーブの打ち方を見てみましょう。

●アンダーサーブの打ち方

まずサーブとは、コートのベースラインの左右どちらかに立ち、そこから対角線方向の相手のコートのサービスライン内にボールを入れなければなりません。

ですから、そこに入れるために、まずは目標を見定めます。

次に左手でボールを持ち、胸ぐらいの高さから軽くボールを落とし、腰と太股の間ぐらいの高さでボールを打ちます。サーブは一度地面についたボールを打ってはいけないので、ノーバウンドで打って下さい。

打ち方は先に説明したフォアの打ち方と同じです。ただし、ボールを入れなければならない面積が、サーブの場合は狭いので、加減をして打って下さい。

何度も練習すると加減が分かってくるので、高確率でサーブが入るようになるでしょう。

スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ