テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

ライジングショットの打ち方

スポンサードリンク

ライジングショットとは足元に落ちてきた球などを打ち返すショットです。速い球などに有効です。バウンドが頂点に達する前に打つショットのことをライジングショットと言います。相手がサーブなどで足元を狙ってきた時、下がって体勢を整えてからボールを打つ余裕などありません。こんな状況の時に使うのがライジングショットです。

サーブに限らず、このような状況は結構あります。相手が速い球を打ってきたりすると下がる余裕はありません。足元の球は打ちづらいですが、ライジングショットが使えると打てます。また早いテンポで打てるので相手のリズムを崩せます。さらに、相手の球が変化球でもボールの軌道が変化する前に打つことができます。タイミングがとり辛く、難しいショットですが、身につけると色々役に立ちます。

では具体的なライジングショットの打ち方を説明します。

●ライジングショットの打ち方

ライジングを打つのに大切なのは早い準備です。 相手の球が速ければなおさら早く準備する必要があります。 相手の球がどこでバウンドするのか瞬時に読み、普通のストロークより前へ踏み込んでください。早い準備速いテイクバック速いスイング速いテンポが成功の秘訣です。

リズムは相手のボールが跳ねた音をバーンとすると、「バ・バーン」というリズムで打ってください。初めからいきなり強烈なライジングは打てないので、相手の得点をしのぐ、しのぎのライジングショットをまずは身につけましょう。しのぎのライジングはバウンドの際を当てるだけです。振り切ってはいけません。慣れてきたら、じょじょに振りぬいていき、強力なライジングショットが打てるようにしましょう。

スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ