テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

ボレーの打ち方

スポンサードリンク

今回はネット前でプレイする時に使うボレーの練習です。ボレーを使えるようになると、ネット前で相手が打った球をノーバウンドで返すことができます。ネット前なので、相手の選手が到底取れない場所へ比較的簡単に打ち込めることが出来ます。
ボレーがうまいと必殺の一撃が簡単に打てるわけです。

ボレーは基本的にどのような時に使用するのかというと・・・
シングルス(一対一での試合)の時は、こちらがボールを打った直後にネット前に詰め、相手にプレッシャーを与ええると同時に、相手がボールを打てる角度を狭めてミスを誘ったり、試合を決めに行ったりする時です。

ダブルス(二対二の試合)の時は、基本的に一人はネット前に詰めて試合をするので、前衛の人は自分の所にボールが来たら、ボレーでボールを返すことになります。それに、使えると非常に有利に試合を進めることができます。ボレーがうまい人が前衛にいると、相手には非常に大きなプレッシャーになります。

このように意外にボレーを使う機会が多く、利点も大きいので使えるようにしましょう。

それでは、具体的なボレーの打ち方を説明します。



●ボレーの打ち方

構えたところから両手を軽く広げ、八の字にします。(斜め45度)
ラケットを立てて顔の高さにもってきます。面もコートに平行で真直ぐに(少し斜めになるのはいいですが、寝かさないように)体と顔は横(ラケットの方)に向くようにします。

この時に腕は動かさないように、ラケットは前に残した状態で向けておきます。壁になるイメージです。

肩ごしにボールを見るようにし、フォアハンドの場合は左手をストロークの時と一緒で前にキャチするつもりで添えておきます。

そうすると、ラケットを持つ手と同じ高さになります。

これは、ローボレーもハイボレーも一緒です。

左手は重要です。

この形になったら、あとはボールが飛んできて少し山なりからおちてきた位置で当てるようにします。
体を移動させる時も上半身は動かさず下半身だけで動くようにして下さい。

最初の内は、同じボールを出してもらうかマシーンを使って動かなくてもいいようにできるといい練習になります。人や設備がないと難しいでしょうがどちらにせよ全く同じボールは来ないですから微調整で動かないといけません。

先程もいいましたように、壁になったように動かさずに当てるだけです。
初めの打ちは腕を固定し、ボールを当てることに集中して下さい。

慣れてきたら、ボールが飛んできて、当たる瞬間に右手持ちフォアなら左足を前に出し止めて下さい。右持ちバックなら右足を前に出し止めて下さい。

ただ、足を出すだけではなくて、体ごと前に行って、ボールが当たる瞬間に足を出して止めるといった感じです。

こうすることで、より速くて威力のあるボレーが打てます。


スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ