テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

テニス仲間を作ろう!

スポンサードリンク

テニスを始めようと思っても、テニスは一人では出来ません。壁撃ちをするスカッシュなどは一人でも出来ますが・・・。

とにかく、テニスは一人では出来ないスポーツなのでテニス仲間を見つけましょう。既に親しい友達がテニスをやっている場合は、この記事は読む必要はありません。その人とテニスをしたり、教えてもらうことをお勧めします。

テニスを始めたいけれど、周りにテニスしている知り合いがいなくて・・・という方は、友達に一緒にテニスを始めよう! なんて誘ってみては?

学校や大学に入っている人は、テニス部やテニスサークルに入ると、テニス仲間も出来るし、テニスも出来るので非常にお勧めです。

ただ、新入部員の募集は、だいたい新学期が始まってからの1、2ヶ月です。そこで入り損ねた人は途中から入り辛いものです・・・。サークルの中は、もう友達の輪が出来上がってたりします。

ですが諦めちゃ駄目。諦めたらそこで試合終了だよ。

世の中にはいつでも参加OKの一般人のテニスサークルというものもあります。年齢制限もなく、うまい人も下手な人もいるので一度ネットで調べたりして行ってみるのもいいかもしれません。
最後に、一番簡単で確実なのはテニススクールに通うことです。なんといってもテニスの学校です。志が同じ人が多いので、すぐテニス友達が出来るでしょう。ただ、お金がかかるし・・・という人は、テニス仲間が出来るまで通って、できたら止めるという荒技もあります。
でも、初心者の最初が一番大事なので、きちんとした指導者がいるテニススクールはいろんな意味でおススメです。

何度もいうようにテニスは一人じゃ出来ません。テニス友達を、必ず作りましょう。テニスを通してかけがえのない友情が生まれるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ