テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

フォアのフラットショットの打ち方

スポンサードリンク

フラットショットとはスマッシュと通常のフォアの間の高さで打つ、無回転の威力のあるショットです。 スライスやドライブを打つ位置より、ボールが高い位置になるときに使うショットなので、やや相手のコートにボールを叩きつけるような形になるので威力もスピードもあります。

要するに、高くバウンドするゆるい球を打ち返されたときに使う決めショットです。逆に高くバウンドをするゆるい球をこちらが打つと相手のチャンスボールとなり、スマッシュやフラットショットを打たれます。

ではフラットショットの具体的な打ち方を説明していきます。

●フラットショットの打ち方

このフラットショットを打つのに重要なポイントはボールを捕らえる高さです。先ほどスマッシュと通常のフォアの間の高さで打つと言いましたが、もう少し詳しく言うと、肩より少し下ぐらいの高さでボールを捕らえ、やや斜め上からやや斜め下へ振り下ろすように打ちます。インパクトの瞬間に力を込めて相手のコートへボールを叩きつけるような感覚を持ってラケットを振りぬきましょう。

このようなフォームの為、フラットショットの弾道はコートと平行に近い斜め上から斜め下への直線を描きます。それ故、ボールを打った直後からボールが上へ上がることはないので、ネットよりも高い位置でボールを捕らえる事が重要なのです。

また、コートにボールを叩きつけることばかりに意識しすぎて、ラケットを振りぬく角度が急になりすぎてネットになることが多いので気をつけましょう。ラケットを振りぬくのはやや斜め上からやや斜め下です。 この「やや」というところを意識してください。しかし、このラケットを振りぬく角度は自分とネットまでの距離で変わってくるので、そこの調節は慣れるしかありません。

フラットショットを使いこなせるとチャンスボールには確実に点が取れるようになるのでぜひ練習してマスターして下さい。フラットショットが綺麗に決まると本当に気持ちがいいですよ。

スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ