テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

テニスの構え方

スポンサードリンク

テニスをする上で構えは重要です。ふつうに立っているだけでは素早い反応が出来ません。 縦の反応は普段の姿勢でも結構反応できるものですが、横の反応にはなかなか反応できません。

また、構えをきちんととると素早く動けるのはもちろん、集中力を高めるのにも一役かってくれます。 試合などでは集中力は勝つためにはかなり重要な要素になってきます。技術力よりも重要かもしれません。

話が少しそれましたが、それでは具体的に『正しいテニスの構え方』を説明していきます。


まず、足を肩幅ぐらいに開いて、膝を少し曲げて腰をかがめます。踵を少し浮かしてつま先の方に重みがいくようにします。背筋は真直ぐに腰がひけていないようにします。 曲げている膝も内側に向くようにします。

次にこの時のラケットの持ち方ですが、両手でラケットを45度ぐらい持ちます。この時ラケットのガットの部分が口元から胸の前辺りにもってきます。

こうする事によって、フォアハンドにもバックハンドにもすぐに構えることができます。 この形で待っているとすばやく動けます余分な力が入って、力まないようにリラックスして下さい。

初めは慣れないと思いますが、この姿勢で待つように心がけてください。小刻みに左右に動いてリズムをとるのもいいと思います。

スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ