テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

軟式テニスのバックハンドの打ち方

スポンサードリンク

軟式テニスの場合フォアやサーブでは硬式テニスと打ち方はあまり変わりませんが、バックハンドの場合は違います。

違いは、硬式テニスの場合はフォアとバックをラケットの両面使い分けてプレーするのに対して、軟式テニスの場合はフォアと同じ面でボールを打ち返します。

つまり、バックの時に硬式テニスの場合は手の甲を空いてに向けてボールを打ち返すのに対し、軟式は手の平側、指側を相手に向けてボールを打ち返します。

具体的にどのようにラケットを持つか説明します。

●軟式テニスのバックハンドのラケットの握り方、打ち方

まず、握り方。これはフォアのときと同じで手のひらの中心がラケットの面と垂直になる様に持ちます。グリップを握る縦方向の位置はグリップの中央よりやや下、グリップの端が5cm余る程度の所を持って下さい。

打ち方はフォアと同じラケットの面でバックも打つので、必然的に手の平(指)が相手に向くように構え、そこから前に押し出すように振りぬきます。足運びなどは硬式テニスのバックと同じです。トップスピンやスライスのかけ方も基本的には変わりません。

トップスピンをかける時はボールを下から擦りあげるように、スライスをかける時は横から斬るように打ちます。

付け加えて言うならば、スライスの有効性が硬式テニスに比べて上がります。理由は軟式テニスは使用するボールが硬式テニスのボールに比べて遥かにやわらかいため変化を与え易いのです。 ですからスライス回転をかけると極端に弾道が曲がる為、かなり有効な球種となるのです。

スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ