テニスの教科書では、初心者から上達するためのトレーニング方法を掲載しています。
硬式テニス・軟式テニスどちらでも、練習に役立ててみてください。

バックの打ち方

スポンサードリンク

バックはテニスの持ち方でも述べたように、ダブルハンドバックとワンハンドバックという二種類の打ち方があります。

それぞれメリット、デメリットがあり、ラリー中はどちらのバックも使い分けるのが普通なので、どちらのフォームも身につけましょう。とはいってもどちらのフォームもそれほど大きな違いはありません。

しかし、基本的にはダブルハンドバックの方が、手首も傷めにくく、女性でも球威に負けずに打ち返せるし、威力も重さもある球が打てるので、バックの練習やラリーで使うときは、ダブルハンド中心にした方がよいでしょう。

それでは、まずはダブルハンドバックから説明していきます。

●バックの打ち方

【ダブルハンドバック】

STEP1:テークバック

構えたところから、グリップチェンジをしながら腰を捻りラケットヘッドが真後ろを向くようにします。ラケットの位置(高さ)は腰のあたりで地面と平行になるようにした方がいいと思います。最初の基本を覚えている内は、ラケットヘッドが下がらない方がいいです。足も軽く膝を曲げて、後ろに体重をのせます。

STEP2:フォーワードスイング(ボールに向かって打ち出す動作)

次にそのままの状態から打ちたい方向に足を大きく出し腰の動きを使ってラケットを振っていきます。

STEP3:インパクト

ボールを当てる位置は、踏み出した足よりも前で当たるようにします。この時ラケットもコートに対して、平行で垂直になれば、真直ぐにとびます。右や左にとんでいく場合は、ラケットの面が斜めにいがんでいると思います。干してある布団を叩くイメージでしてみて下さい。これだと家でも練習ができます。

STEP4:フォロスルー

最後にフィニッシュですが、ボールが離れてからの処理も重要です。ラケットはボールを打ちたい方向に出していき肘をのばし、ラケットが真上を向いて止まるようにします。この時、手は頭の斜め上に、肘は目の高さに、そして肩ごしに打ったボールの行方を見るようにして下さい。万歳した形にならないように注意して下さい。

初心者の内は、ここまでで一つの流れでするといいです。慣れてきましたら、経験者のように肘を曲げる ところまでするといいと思います。

次はワンハンドバックについての説明をします。

【ワンハンドバック】

ダブルハンドの時と、ほとんど変わらないのですが違いは、両手で握るのではなく、片手は添えます。打つ時に、片手で打ち片方の手は当たる瞬間に後ろへ伸ばします。両手を左右に伸ばすかたちになります。

ワンハンドのメリットとして、動きやすく離れてしまったボールにも届きます。また、スライス回転をかけ易いというメリットもあります。基本はダブルハンドで、ダブルハンドで打つ余裕がなかったら、とっさにワンハンドで返すといった使い方がやはりおススメです。

スポンサードリンク

テニスを始める前に
ストッレッチのやりかた
テニス仲間を作ろう!
テニスが出来る場所を探そう!
テニス用品をそろえよう
基本的なテニス用語
テニス基礎練習編
テニスの構え方
ラケットの持ち方
ボールの感触に慣れよう!
フォアの打ち方
バックの打ち方
ボレーの打ち方
サーブの打ち方(アンダーサーブ)
スプリットステップの習得
軟式テニスのバックハンドの打ち方
テニス応用練習編
オーバーヘッドサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スライスサーブの打ち方
(オーバーヘッド)スピンサーブの打ち方
(オーバーヘッド)トップスライスサーブ
(アンダー)スライスサーブの打ち方
スマッシュの打ち方
ライジングショットの打ち方
ハイボレーの打ち方
ローボレーの打ち方
フォアのスライスショットの打ち方
バックのスライスショットの打ち方
フォアのフラットショットの打ち方
フォアのトップスピンショットの打ち方
テニスルール
テニスのゲーム(試合)の種類
テニスコートの種類
勝敗の決め方
ポイントの呼び方
ゲームの初め方
シングルスでの試合について
ダブルスでの試合について
タイブレークについて
テニス用語
テニスプレーの動画
テニス上達のコツ
フォアの打ち方
フォアの打ち方2
バックスイングの練習
オーバヘッドサーブの動画
オーバーヘッドスライスサーブの打ち方動画
テニスのトレーニング、素振りなど
フットワークの鍛え方動画
壁うちテニスの練習
きぐるみ初心者レッスン動画
きぐるみタイブレークルール説明
フェデラーVSヒューイット
フェデラーのスーパーショット
トッププロ達のすごいプレー
トッププロ達の試合
テニスショップ
テニスショップリンク集
その他
テニス4大大会 全豪オープン
テニス4大大会 全仏オープン
テニス4大大会 ウィンブルドン選手権
テニス4大大会 全米オープン
全日本テニス選手権
お問い合わせ
コチラへ